タグホイヤーをオーバーホールに出すなら

オーバーホールに出そうと思う時、それは、どうも時計の調子がおかしい、遅れが目立つようになってきた、すぐに止まるようになった、というタイミングがほとんどではないでしょうか。

中には、きっちりと3年から5年のインターバルで、計画的にオーバーホールに出されている方もいると思います。そういった方は、オーバーホールでの部品の交換も最小限になるので、結果的にコストパフォーマンスは高くなります。

それでも、オーバーホールをTAG HEUER(タグホイヤー)正規店に依頼すると、時計の種類にもよりますが、通常料金が5万円程度かかってきます。それに、前述した状態でオーバーホールに出されると言うことは、部品の傷みが複数の部品に渡って発生している可能性が高く、それらの部品を総交換、ということにもなりかねません。

となると、オーバーホールだけで、かなりの金額になってきます。その費用を抑える方法、実はあります。

それが、こちらの時計修理工房に依頼するという方法です。

タグホイヤーのオーバーホールはこちら