オーバーホールの期間

タグホイヤーの腕時計を愛用している方は、どれくらいの期間でオーバーホールにだすべきか、とお考えのことかと思います。

時計の性能をパフォーマンス通りに発揮するためには、3年に1度のオーバーホールがいいとされています。

それほどのこだわりは無いけれど、日常的に汚れを拭き取るなど、きちんとメンテナンスされている方なら、5年に1度程度のオーバーホールでも構わないと思います。

日常的なメンテナンスができていないな、と思われるなら、5年より短い期間でオーバーホールに出すのが良いでしょう。

手入れしない期間が長期間になればなるほど、故障のリスクは高まってきますし、故障してしまうと、修理費用として部品の交換代が、余計にかかってくることになるので、それを避けるためにもオーバーホールは必須です。