タグホイヤーメンテナンス

機械式時計は特に、定期的なメンテナンスが必要です。

それは、高い精度を誇るタグホイヤーでも同じ。

むしろ、高い技術が結集して作り上げられた結晶のようなもので、

メンテナンスを怠ると、徐々に歪みは大きくなっていきます。



タグホイヤーで正規に修理を受け付けているのは、

タグ・ホイヤー カスタマー・サービスセンターで、

スイス本社から公認されている修理センターです。

スイスで技術トレーニングを積んだ修理技師がいるそうです。

もちろん、修理に使われる時計の部品は、

本社から直接輸入された物です。



つまり、修理は基本的に部品の交換によって行われ、

メンテナンスには、通常料金に加えて、

部品代がかかるというわけです。

本社から直輸入されているとは言え、

高額になるのは当然ですよね。



ただ、それほどコストがかかるのであれば、

定期的にメンテナンスなんてできない、

と、考えられる方も多いのは事実です。



そんな場合は、コストを抑える手段があります。

タグホイヤー時計修理工房はこちら