TAG HEUER(タグホイヤー)のオーバーホールと修理

1860年に創立し、すでに150年の歴史を経てきたTAG HEUER(タグホイヤー)。エドワード・ホイヤーが立ち上げたそのときから、ストップウォッチやクロノグラフといった計時機能を備えたスポーツウォッチを開発してきました。1969年には、モナコが発表されましたが、この時計には角型ケースで世界初となる水機能を備えたクロノグラフにクロノマチックCAl.11を搭載しています。これは、世界初の自動巻クロノグラフであり、歴史に名を残してきました。
近年でも、革新的な機械式腕時計の開発を積極的に行っているTAG HEUER(タグホイヤー)ですが、その能力を最大限に維持し続けるには、やはりメンテナンスが必要不可欠になってきます。それが、オーバーホールです。このオーバーホールを怠ってしまうと、内部の部品の消耗や劣化を招き、それが故障の原因ともなります。そうなってから修理となると、交換する部品数も多くなり、コストがかかるだけで無く、本来の性能を発揮することが徐々に難しくなってきます。

オーバーホールの目安


遅れが目立ってきたり、止まったりするようになってしまったという状態は、往々にして内部の部品に問題が生じていたり、部品同士の潤滑油に汚れや劣化が発生しているということが考えられます。ここまで来てしまうと、かなりの数の部品交換が修理で発生する可能性が高くなります。そうならないためには、定期的にオーバーホールに出すことが重要です。
では、どのくらいの期間が妥当なのかというと、3年から5年というのが目安になります。常に動き続けている時計なので、定期点検が必要になるのは当然ですね。長期間使わずに保管しておいた場合でも、内部のオイルや部品が劣化している場合があるので、オーバーホールに出してから使うようにした方が無難でしょう。

修理費用の見積もり


オーバーホールや修理に必要な費用も気になる所です。TAG HEUER(タグホイヤー)の正規店にオーバーホールを依頼すると、モデルによって異なりますが、約5万円以上の料金に加えて、交換部品代金がかかってきます。預けている期間も3週間前後になるようです。
もう少しリーズナブルに、かつ短期間でメンテナンス・修理を行いたいとお考えなら、腕の良い職人が在籍する時計修理工房に依頼するのがおすすめです。正規店から工房への送付などの工程がないので、安く対応してもらえますし、修理内容についても詳しく知らせてくれるので融通が利きます。様々な時計を取り扱う技術力のある職人がオーバーホールや修理を行ってくれるので、安心です。特に、こちらの工房では、無料見積もり配送パックがあり、無料で見積もりが可能です。